幻燈日記帳

スカート澤部渡公式ブログ

仮説

目が覚めたら昼の13時をとっくに過ぎていた。12時にスタジオライヴの告知があったからそれまでには起きてるでしょ、と布団に潜った自分が悪かった。マスクを持たずに街へ出てしまう夢を見た。そしてマスクを買わなければと未来めいた吉祥寺のキラリナ(「キラリナ」て!)でなぜかPITTAだけを求め続ける、という内容だった。

 

テレビをつけたら感染者増加のニュース。土日挟んでしまうなら、と思い切って車に乗り買い出しに向かう。車内ではまたプリファブ ・スプラウトを全曲シャッフル。最初聴いた時は「フツーのROCKジャン」と低く見ていた"The Golden Calf"が最近とんでもなくセンチメンタルな音楽に聴こえてきていたので、夕暮れ迫る街にとてもよく合っていた。吉祥寺のHMVで買えてなかったKhruangbinの新譜とズルい女の7インチ買ったりしていたら突然に頭がパカーンとなり、そのまま下のスーパーマーケットでやたら高い卵やらやたら高い牛乳やらやたら高いナスやらやたら高いパプリカやらを買い込んだ。今まであまり感じたことのない気分の高揚だった。黒酢まで買った。今なら苦手なアマプラとかHuluとかの番組を選択する画面も難なく乗りこなせそう、有名なあの映画を見て、あのドラマを見よう。同じような日々はもうすぐ過去だぜ!!!!と車のキーを回したらプリファブ ・スプラウトがかかるもんだから部屋に帰った頃にはすっかりおセンチになってましたとさ。

 

8/2の16時からスタジオライヴが配信されることになりました。6月までの在宅ライヴを経て、9月のホールライヴへのパイロットフィルムです。このライヴのための久しぶりのリハーサルをしていたとき、「楽器がでかい音で鳴っている」という恐怖が楽しさを超える瞬間というのがあって、どうにも心が晴れないまま耳栓してモヤモヤとリハしてたんだけど、最終的に耳栓とって最後の数曲やったら「あ〜これ〜」となりました。少し取り戻したところでリハは解散、そのまま本番、しかもいつものライヴとはモニター環境から照明から楽器のセッティングから全て違うからどうなるかなーと思ったんだけど、何から何まで手探りな中、答えではないかもしれないけど、そこに至ろうとするのが記録されだと思っています。いつものメンバー、いつものエンジニア、いつものレコスタだったから本来の意味での環境こそ違えど、少しリラックスできた気もするし。(「トワイライトひとりぼっち」の収録の時に映像も入れたんだけど、萎縮しまくって半ばトラウマになってしまって、結局映像自体もお蔵入りになってしまったという過去があるので、変に気が張っておかしくなるのがほんとうに怖かったんだよ!)16時からみんなでせーので見られる(アーカイヴされるまで巻き戻しができない)プレミア上映ですので、みなさま冷たい飲み物用意してご覧ください。

 

https://youtu.be/aorqBETTpS8