幻燈日記帳

スカート・澤部渡のせつないまいにち

雪が降る町

こんな風に年が暮れていくものなのか。数日前、Instagramでストーリーズをみていたらココ吉矢島さんのストーリーズに六本木のミッドタウンのスケートリンクが映っていて思い出した。先月の鈴木慶一さんのライヴで、アンコールでステージの後ろの幕が空いて夜景がみえる、というビルボードの演出を眺めていて、その夜景の足元に誰もいないスケートリンクが見えた。そのリンクの氷を整備する車が居心地が悪そうにゆっくりと走っていたのが本当によかった。それを書き残しておかなくては。

アルバムが出たというのに地方キャンペーンもなし、インストアライヴもなし、取材はギリ対面で出来たけどリモートも増えた。でも椅子が外せるホールで、スタンディングのマックスキャパならその50%だから、っつって普段どおりの椅子の数でぎっちりお客さん入れてライヴやってるところもある、という噂も(でも客席はマスクの上にフェイスシールドが必須だったそうだ)きいた。MVの撮影のときに「やれたらいいね」と日程だけおさえていたスカートの忘年会は、もちろんZOOMでの開催になったし、バカ話のなかの1割ぐらい、真面目な話にもなったし2020年だなあ、と思った。車で30分もかからない実家の母にLINEで「今年は帰らぬ」と告げたが、Twitterを見るとやっぱり帰省している人はいるし、もうそれは仕方がないのかもしれない、と思うことにした。

FM802のマンスリープログラムを担当していた。「アナザー・ストーリー」の紹介に加え、「冬の名曲弾き語りをやってほしい」と打診を受けて、数日間はKiroroの曲しか頭に浮かばず本当に焦ったがなんとかやりきった。ピチカート・ファイヴ「メッセージ・ソング」、ROCKY CHACK「SNOW」、NRBQ「Christmas Wish」、そしてユニコーン「雪が降る町」。一番言いたいことは音楽になるはずがない、と思っていたけれども2020年には「あと何日かで 今年も終わるけど 世の中はいろいろあるから どうか元気で お気をつけて」という一節がそれになった。いろんな気持ちがあって、伝えたいことがあるけれども、今年はこのひと節に尽きる。