幻燈日記帳

スカート・澤部渡のせつないまいにち

デクノ・ボウ

3日

目が覚めて録画をいくつか消費したあと、テレビをつけたら箱根駅伝がちょうどゴールするあたりで、大手町はまあまあな人だかりに見えてびっくりした。すぐにハイライトになってしまったから幻のようにも思えた。そしてチャンネルを変えるとなんばグランド花月からの生中継。劇場はどうやらパンパンのようだった。我々が座席を半分にしてやった9月のライヴとは一体何だったんだ…と切なくなった。

メールが届いく。通販で頼んでいたCDを郵便受けに投函したよ、という内容だった。そうして今年はじめて外に出たのだ。こんなにいい天気、外は正月みたいな空だね、公演から子供の声が聴こえるのにどうしてこんなに切ない。郵便を受け取って部屋に帰り、ナイポレの収録だった。精神的なダメージが大きい回になりましたので要注目だ!!!

 

4日

車に乗って横浜を目指す。FMヨコハマの生放送。割と直前まで「あるのかな?ないのかな?」と思っていたけど、やっぱりあった。FMヨコハマのロビーでポニーの橋本さんと「どうなりますかね〜」なんて話をする。窓の外は港町。「せっかくきたんだし」「中華街ぐらい行きたいっすよ」と橋本さんに言うと「せっかくここまできたんだからね、このまま帰るのはちょっとね。テイクアウトとかならいいんじゃないすか?」とアイデアを頂き、なるほど、と生放送終わりで中華街に向けて車を走らせた。街はいつもの正月みたい。人は多くなくて、車もそんなに多くない。ああ、人の少ない年末年始の街が一番好きだよ。道を一本間違えて、中華街の端の方を走ると、結構な人出を確認。駐車場に止めるまでもなくそのまま第三京浜に吸い込まれていくのであった。私は第三京浜が好きだよ。三ツ沢から乗るのが好きなんだ。通行料も安いし、三車線だし、真っすぐで南北に伸びているから眩しくないんだ。

勢いで桃鉄を買った。買ったらすぐ佐久間さんから「やろうよ」と連絡が来た。ワクワクしながらやったけど超負けました。