幻燈日記帳

スカート・澤部渡のせつないまいにち

間違い探しはもう終わりだ

相変わらずのギター持つ、曲の断片できる、集中力切れる、ボイスメモチェックしながらApexやる日々。いい断片にいい断片を足したらいいものにかな〜と思ったんだけど、いざ足してみるといまいちいいのかどうかがわからない。

 

目覚ましがなる前に目が覚めた。

 

TOKYO FMで収録のため、久しぶりに都心へ出る。青梅街道をひたすら東へ向かい、到着し、担当がいなく、電話したところ、1時間早く着いたと気づいたのだった。車を神保町の方にやり、パーキングメーターに300円をぶっこみ15分だけユニオンを見た。学生の頃、レンタルして繰り返し聴いた「タモリ」を買った。

 

久しぶりに都心にいるな〜と思ってはいたけど、さっきスケジュール帳みて愕然とした。前回都心へでたのもどうやら4月末のTOKYO FMだったようだ。ちょっと前まで舞台の稽古で毎日のように外に出ていたけどあれよあれよと引きこもりが戻ってきて、ある段階でいくつかを諦め、幾分か晴れやかな気持ちで過ごせている今よ。

 

楽しい収録が終わり(6/6,13放送の"Terminal Melody"に出演です。CHAGE and ASKAさん、ASKAさんの楽曲について語っております。それはそれはキモ・オタ・キャッスル大爆発っつー感じでした)、タワーレコードでCD、レコードをどかっと買う。ミツメの新譜と言っても過言ではないあいみょんさんの新譜、諭吉佳作/menさんのCD2枚、Teenage Fanclubの新譜、アメリカン・ユートピアのサントラ、そしていつか買おうと思っていたポーギーとベスをいまだ!ここだ!えいや!と買った。物欲に火が付き、セレブ気分で伊勢丹で晩ごはん買って、吉祥寺からも新宿からも失われてしまったタピオカ屋、一芳の新大久保店によって帰宅。満たされた。機材を新調しなきゃいけなかったりするんだけど、それらの道筋を明らかにする前夜、私は誠実かつ雑に賃金を抱いた。