幻燈日記帳

スカート澤部渡公式ブログ

かじるぐらいなら白米を用意しておけ



さて、お昼ごはんでも食べにいこうか、と、
Tシャツに短パンでキメて自転車にまたがった。
家の前でハトが人間でいうところのお姉さん座りみたいな感じで、
ぐでーんとなっていた。目は動いていたので、生きている。
すれ違ったばあさんも、「あれまあ、轢かれちゃったのかね」というぐらい、
悲壮感ただよっていた。
羽根を痛めてしまったのかい、でも僕にはどうする事も出来ない…
ハトよ、自然であれ…と一度通り過ぎたのだけど、
地味に交通量がある家の前。さらにもう一度轢かれてしまったら、
もう目も当てられない。せめて茂みの方に運んでやろう、
と、来た道を戻って「平気かい?」と声をかけたら、
すっと立ち上がって何事もなかったかのように歩き出した。
あっけにとられながらも、よかった、轢かれたハトはいなかった。
飯を求めて適当に中心部へ向かっている途中で、ある事を思い出す。
夕べの作業で真面目に楽譜を書いていたら、
音大を出たはずなのに楽譜の書き方がよくわからなくて、
書き損じばかりして五線のノートがいっぱいになってしまっていた。
まだ書かなきゃいけない曲はたくさんある。
なので自転車に乗って吉祥寺へ出た。
一本の道をまっすぐ進んで少し曲がって駐輪場に停める。
銀行でお金を降ろして楽器屋へ向かって五線のノートを購入。
ギターの替え弦もあわせて購入。
さて、本来の目的だった昼ご飯はどうしようか。
急に頭をよぎったのはインスタグラムでときどきTLに浮かぶ、
Piwangというカレー屋のことだった。
とても狭い店だけど12時前だったので並んだりはしていないだろう、
ととりあえず向かって見る。
並んでいないどころかまだ店が開いていなかった。
10分ほど待って店が開いた。驚くほどに狭い店内。
我らが上石神井のアナログより狭いか同じぐらい。
壁の色と同じ色でエアコンが塗装されていた。
注文していたカレーが出てきて驚いたのが、
インスタグラムではわからなかったけどさらさらのルーだった。
チキンカレーとローストビーフのカレーの二種盛りをいただいたのですが、
ちょっと和っぽい味付けでもあり珍しいながらもおいしかったです…
カレーをたいらげユニオンに向かってみるも欲しいものがなかった。
性欲が減退する、というのと同じようなもので物欲というのも、
いつかは減退するのだろうか。私は今、27歳。
ユニオンからジュンク堂に場所を移し、文庫を一冊拾い上げた。
自転車にまたがり、帰り道のほぼ一本道を進む。
家の手前で外に大きな雨雲がある事に気がついた。
家に入って数分経つととんでもない雨音が家中に響き渡った。
雨音を聞きながら譜面を書こうとしたら、
やる気がゼロになっていることに気がついた。
もう、なにも、したくない!
でもともかく手を動かさなければ、と数曲構成だけ書き出したりした。
ぼんやりしていたらもう家を出る時間になっていた。
yes, mama ok?のリハーサル。
9/13の全日本テルミンフェス、楽しみです。
少し早めに出て高田馬場のユニオンをのぞく。
ここでも収穫なし。岡村ちゃん(さん)の新譜は別の所で買おう。
山手線に乗って漫画を読む。気がつくと恵比寿に。
スタジオ練習は充実していました。
直前に肺炎になり入院した金剛地さんの体調を気遣いながらも、
いざ、音を出して見ると調子がいい。
ゲストのテルミン奏者の方も交えて演奏する。
これがまた調子がいい。最高。見にきて。
リハーサル終わって新宿で途中下車。
閉店間際のタワーレコードに滑り込んで、
MOCKYの「Key Change」、トッキーニョ&ヴィニシウスの71年のアルバム、
The Bird And The Beeの「Recreational Love」の3点を購入。
とても満たされた気持ちでエレベータ―を降りた所で、
岡村ちゃん(さん)の新譜を買い忘れたことに気がついた。
東南口を降りてラムタラに入る。
「どついたるねんライブ」がショップに並んでいるのが見たかった。
AV OPENのコーナーにひっそりと咲く花を、僕は見たよ。