幻燈日記帳

スカート澤部渡公式ブログ

白い港

なりすレコードの平澤さんから大滝詠一の新譜試聴会いかない?という怪しすぎるメールを受け取って半信半疑で市ヶ谷に向かうと本当にその催しは開かれていた。ソニーのビルの試聴室で大滝詠一さんの83年のライヴ盤を聴かせてもらう。何を話してもネタバレになりそうなので多くを書くのはしないでおきたいのだけれども、恥ずかしい話「白い港」がこんなにいい曲だったなんて今の今まで気が付かなかった、ということだけ今は書いておきたい。ほかは何を書いてもネタバレになる。もちろん試聴会という特別な場所があったからそういう気持ちになったんだけど、ライヴを見に行くような気持ちでライヴ盤を聴いたのなんていつぶりだろう。「どんなライヴをするのかな」というのは初めて誰かのライヴを見に行く気持ちと一緒だった。

試聴会で興奮したふたりは市ヶ谷のルノアールで激アマドリンクをシバきつつ近況を報告し合った。平澤さんと別れて総武線に乗り込む。中野までしか行かない電車だとわかっていて乗ったのだけどやっぱりこのまま中央線に乗り換えてたまるか、と途中下車。ユニオンを物色。キンクスのレコードを買う。店頭で素晴らしい音楽がかかっていてなんだろう、と見てみるとポール・マッカートニーの「キス・オン・ザ・ボトム」だった。スタンダードのカバー集なんでしょ?とすっかり見過ごしていた自分を心のそこから恥じる。ジョン・ピザレリの「ミッドナイト・マッカートニー」とチェット・ベイカーの「シングス・アゲイン」(もしくは「シングス・アンド・プレイズ」)の中間みたいなレコードじゃん!と興奮した。ちゃんと悪人が歌っているレコード。悪人が歌うためのスペースが演奏に用意されているレコード。絶対LPで手に入れよう、と家に帰って調べたらギターがジョン・ピザレリだったと知って更に興奮した。

カバンのなかに漫画を3冊、文庫を1冊忍ばせていたのだけど漫画を1冊の半分ぐらいしか読めなかった。